2019年07月22日

特許庁から「特許行政年次報告書2019年版」が公表されました。

 特許庁から「特許行政年次報告書2019年版」が公表されました。最新の特許庁における統計情報や取組みが記載されています。
 昨年、日本では、特許出願の審査に9.3ヵ月、意匠登録出願の審査に6.1ヵ月、商標登録出願の審査に7.6ヵ月かかっているとのことです。今年は元号が変わったこともあって、知的財産の観点から平成時代を振り返る特集もあり、大変興味深い内容です。
 右記特許庁のウェブサイト(https://www.jpo.go.jp/resources/report/nenji/2019/index.html#toukei_shiryou)よりご覧頂けます。
 The Japan Patent Office has published a 2019 report on the patent system.
 According to this report, in Japan last year, it took 9.3 months to examine patent applications, 6.1 months to examine design registration applications, and 7.6 months to examine trademark registration applications.
tokkyochou.jpg
posted by 中川特許事務所 at 17:47| Comment(0) | 日記

2019年07月08日

中川弁理士が発明推進協会の「知的財産権初心者講座」(9/13)にて講師を務めます。

 当特許事務所の中川弁理士が発明推進協会の「知的財産権初心者講座」(9/13)にて講師を務めます。
 本講座では、企業などの事業の継続にとって不可欠な知的財産法の「基本的な知識」をこの1回で皆様に習得して頂けるようにご説明します。本講義がこの秋から知財部に配属された方や特許事務所等にお勤めの方のお役に立てれば幸いです。
 詳細につきましては、右記ウェブサイト(http://www.jiii.or.jp/kenshu/2019/0913.pdf)もあわせてご参照下さい。
 The head of our office will give a lecture at the seminar on Japanese Intellectual Property Laws in September. We would be very pleased if this seminar could contribute to participants' understanding of IP laws.
shoshinsha190913.jpg
posted by 中川特許事務所 at 12:28| Comment(0) | 日記

2019年06月26日

中川弁理士のコラム「創作とは?」が発明誌7月号に掲載されました。

 当特許事務所の中川弁理士による「創作とは?」と題する記事が「発明」誌7月号に掲載されました。今回は、この発明の第3の要件について、少し古い判例ですが「ごみ処理方法事件」を通じて、発見と発明の違い等について簡単にご説明します。
 「http://www.ipagent.jp/magazine/hatsumei2019.7.pdf」よりダウンロードして頂けます。皆様のご参考になれば幸いです。
 We made a column on the third requirement "creativity" of "invention" defined by Japanese patent law.
 You can download it from "http://www.ipagent.jp/magazine/hatsumei2019.7.pdf". We're very happy if this column is helpful to you.
hatsumei2019.07.png
posted by 中川特許事務所 at 17:15| Comment(0) | 日記